住宅展示場 外断熱工法とは

1. 高断熱に最適!外張り断熱工法 「外張り断熱」のすすめ

現在の住宅は家電や設備機器の発達によって、壁や天井の内部にたくさんの配線や配管がかくれています。また大地震への備えから耐震性が強化され、以前よりも頑丈な金物も使用されています。こうした配線・配管・金物をよけて、壁の中にすき間なく断熱材を詰めこむことは非常に難しいことです。

「外張り断熱」はしっかりした施工がしやすい!

「外張り断熱工法」は柱の外に断熱施工するので、断熱材を切れ目なく施工することができます。また壁にある障害物の影響を受けないのも特徴です。高断熱住宅では、すき間からの熱ロスも見逃せなくなるので、建物全体の気密性能を高める必要があります。
すき間のできにくい「外張り断熱工法」は「充填断熱工法」に比べて、気密性能を高めることが容易になります。

木材は発泡プラスチック系断熱材に比べると、5〜8倍断熱性能が劣ります。木造住宅では表面積の約20%が木材による熱の逃げ道になっています。このため「充填断熱工法」では、建物の木材部分から熱が逃げてしまうので、断熱材の厚さを増やしてカバーする必要があります。

これに対して「外張り断熱工法」では、木材は断熱材の内側に位置するため、木材の断熱性がそのままプラスされます。

木材を味方にする外張り断熱工法

充填断熱工法では下のサーモグラフからも、木材部分が低温になっているのが見てとれます。このような熱の逃げ道を「熱橋」といいます。 木造住宅では在来工法と2×4工法で多少異なるものの、表面積の約20%が木材で占められ、熱橋となっています。これに対し「外張り断熱工法」は断熱材が連続しているので、木材が熱橋とならず、逆に木材の断熱性能がプラスされます。次世代省エネ基準で同じ断熱材を使用する場合、「充填断熱工法」では「外張り断熱工法」よりも断熱材を厚くする必要があります。


2. 住まいを長生きさせよう! 「外張り断熱」のすすめ

「外張り断熱工法」の2つめのメリットは、住まいを長持ちさせること。

「外張り断熱工法」で使用する発泡プラスチック系断熱材は水蒸気をとおしにくく、断熱材の中で結露する心配がありません。 また夏・冬とおして壁の中の温度は室温と比べてあまり下がらないため、壁の中での結露の心配もなくなります。

「外張り断熱工法」は木材に対してもやさしい工法です。「充填断熱工法」の冬の壁の中では、内側と外側で20℃近くの温度差が生じてしまいます。これに対し「外張り断熱工法」ではほぼ室温より数度の低下で一定し、温度差が少なくなるため木材に余計なストレスを与えません。 また、まわりは空気にさらされているため、木材もしっかり呼吸できます。

繊維系断熱材を使った「充填断熱工法」では、冬は外壁に近い部分で、夏は内装材のすぐ近くで断熱材内部が露点温度※1)になりがちです。この状態が長く続くと結露がおこるので、繊維系断熱材を使用する場合、断熱材の中に水蒸気を入れないことが大変重要になります。
※1)露点温度・・・結露が始まる温度。この時、空気中に含まれる水蒸気が飽和状態(相対湿度100%)になっている。

外張り断熱工法は結露しにくい

壁の中の温度分布を見てみると、温度は断熱材の中で急激に変化します。このため「充填断熱工法」では、壁体内(A点)で外気に近い温度となるため、この部分に室内からの水蒸気が到達すると、結露の可能性が高まります。
これに対し「外張り断熱工法」では断熱層が壁の外側に位置するため、壁の中の温度は室温と比べてあまり下がりません。使用するプラスチック系の断熱材自体も結露のもととなる水蒸気をとおしにくいので、断熱材内部での結露の心配はありません。

外張り断熱工法は木材にやさしい

全ての物質は温度が上昇すると膨張し、温度が低下すると収縮します。飛行機で耳にする「金属疲労」も、温度変化によっておこる膨張と収縮の繰り返しによって発生します。
「充填断熱工法」では、冬、壁の内側と外側では20℃近くの温度差が生じます。このため同じ柱の両側で異なる動きをするため、余分なストレスがかかってしまいます。これに対し「外張り断熱工法」の場合、柱は室温に近い温度に保たれるため、木材に対して温度差による負荷も少なくなります。


3. ひろびろ空間利用術 「外張り断熱」のすすめ

整理整頓するには十分な収納スペースが必要です。
しかし現在の多くの住宅で、居住スペースの確保が優先された結果、収納不足が問題となっています。

「外張り断熱工法」は従来「充填断熱工法」で断熱材を入れていた部分が空洞になるため、断熱性や防火性を損ねることなく、※1)棚や収納として活用できます。余分な家具が減るのですっきりとしたインテリアデザインが可能になります。
※1)棚や収納として活用できます。余分な家具が減るのですっきりとしたインテリアデザインが可能になります。

また「外張り断熱工法」で屋根断熱をすれば、これまで断熱・気密上外部空間だった小屋裏が、室内空間に変わります。今まで眠っていた広大なスペースを有効に活用できるようになるのです。※2)※2) 建築基準法では、2階の床面積の1/2までロフト扱いにできます。

高度に断熱化された住宅では、1台の暖冷房器具で広い空間をまかなうことができます。
「外張り断熱工法」で開放的で快適な間取りも実現できます。

生活を豊かにする外張り断熱工法

現在の住宅の不満に対するアンケートでは、約半数の人が収納不足に悩んでいます。
壁の中には驚くほどのスペースが眠っています。「充填断熱工法」ではこの部分に断熱材をつめこんでいましたが、「外張り断熱工法」では、収納や棚として有効に活用することができます。
大きなスペースが眠っているのは小屋裏空間も同様です。近年、小屋裏の使用面積制限が緩和され、居室や収納スペースとして利用する住宅が増えています。しかし屋根で十分な断熱をしていないと、小屋裏温度が上昇してしまい、居室として不快な空間になるだけでなく、大切な物をしまう収納スペースにも適しません。「外張り断熱工法」で屋根断熱をすれば、小屋裏の温度環境が改善されます。


フォトギャラリーコレクション