ペットとともに生活する家

ペットとともに生活する家をご紹介します。

大和住宅なら建てられます、キャットウォークのある家

「ペット共生住宅の設計は特殊な仕事だ」などと思っていたら、時代から取り残されるかもしれません。
飼い犬と飼い猫を合わせたペット数は2011年に14歳以下人口を上回っています。
いまや、子どもと同居する世帯よりもペットを飼っている世帯のほうが多いのが現実なのです。
「ペット部屋を設計して」という依頼も、現実のものとなっております。ペット共生住宅の一般化とともに、
ペットとのほどよい距離感を保つプラン上の工夫が求められ始めています。